歯茎や歯並びの悩み体験談|歯茎や歯並びのコンプレックス改善方法

歯茎や歯並びの悩み
【歯茎や歯並びのコンプレックス改善体験談もくじ】
  【22歳女性】口を思いっきり開けて笑うこともできずコンプレックスに
  【27歳女性】ポイントブラシがあるケアとないケアでは歯の環境が全然違う
  【26歳男性】あまり歯を出して笑わないように意識
  【52歳女性】歯茎の痛みと腫れ

【22歳女性】口を思いっきり開けて笑うこともできずコンプレックスに

22歳女性です。

子供の時に永久歯に生え変わったときから、特に下の歯が乱杭歯になっていました。

当時はあまり自分の歯並びが悪いことを気にしたことがなかったのですが、やはり大人になってくると結構歯並びが綺麗な人が周りに多かったこともあり自分の歯並びの悪さに初めて気づかされて愕然としたことを覚えています。

歯並びが悪いと、やはり見た目がものすごく悪いので口を思いっきり開けて笑うこともできず、いつのまにかひどいコンプレックスになっていました。

歯並びをどうにかしたいと強く思うようになったのはここ、2、3年のことです。

最近の歯列矯正はワイヤーで矯正する方法よりもマウスピースをはめるインビザラインという方法で、より簡単に歯並びの矯正ができると宣伝広告で知り近くの評判の良い矯正歯科で無料のカウンセリングを受けました。

私の場合は、下顎の幅が狭いために歯が綺麗に生え揃うスペースがないことでひどい歯並びになってしまったようです。

色々検査をしてもらった結果、私の歯並びは、かなり重症だと判断されたため最終的には歯を一本も抜かずに歯列矯正をしていくには残念ながらマウスピースでは治せないということになりました。

でも乗りかかった船だったので、これを機にワイヤーでも良いから綺麗な歯をどうしても手に入れたくなり結局ワイヤーの歯列矯正がはじまりました。

歯の矯正は想像以上に痛みもありますし大変でストレスもたまります。

でもいずれは綺麗な歯並びになれるのだという目標があるからこそなんとか頑張って過ごすことができています。予定は2年間なので、早く矯正が終わりワイヤーを外す日が来るのを夢みています。

【27歳女性】ポイントブラシがあるケアとないケアでは歯の環境が全然違う

27歳、女性です。

私には歯の悩みがあり、左下の歯列の一番奥に親知らずが埋まっていてまだ輪郭が出てきていない状態が4年続いています。

一度、親知らずが埋まっている個所が痛み口腔外科に行って抜歯を頼んだのですが「親知らずの輪郭が出て来ていないから施術が難しい。歯茎を切って神経を取り除いて抜歯をすることは可能だけど施術時間に1時間は掛かる。輪郭が出てきてからのほうが施術しやすい。」と説明を受けて抜歯をあきらめました。

それから現在に至るまで、歯医者さんで歯の磨き方の説明を受けて歯間ブラシやサイズが小さめの歯ブラシを使って歯のケアを毎朝・毎晩しています。

毎日使っているエビスのポイントブラシがあるのですが、歯と歯の隙間を小さなブラシで丁寧に歯垢を取り除くようにしています。

ポイントブラシがあるケアとないケアでは歯の環境が全然違います。

歯の内側はどうにも歯ブラシでは磨きにくいのですが、ポイントブラシで内側もキレイに磨けます。

左奥の親知らずがある個所は磨きにくいですが、鏡で口の中を見ながら歯ブラシで撫でるようにして磨いています。

それからというもの、突然痛みだして歯医者さんに駆け込むということはなくなりました。

私は下の歯列の並びが上の歯列よりも悪いため、下の方にばかり時間を掛けがちだったのですが上の歯列も毎日使っているので全体的にまんべんなく歯垢が溜まらないように気をつけています。

今もまだ親知らずの輪郭は出てきていませんが、ずっと歯茎の中にあって生えないままの人もいるそうなのでこれからも丁寧にケアしていくつもりです。

【26歳男性】あまり歯を出して笑わないように意識

26歳男性です。

私はあまり歯並びが良くないことに悩んでいて下の歯は特に問題ないのですが、上の歯の歯並びが悪く八重歯がやや前に出ているのが悩みです。

八重歯が前に出ていて歯並びが悪いとあまり見た目が良くないので気になってしまいますし、歯を磨く時に気を付けてしっかりと磨かないと汚れが残ってしまうので不便だと感じています。

また特に気になっているのは歯並びが悪いせいか口の中を噛んでしまうことが多いことで、噛んでしまうとそこが口内炎になってしまうことも多いです。

口内炎ができると痛みで食事が取りにくくなりますし、場所によっては喋りづらくなるのでそこが特に不便だと感じています。

とりあえず見た目に関してはどうしようもないので気にしないようにしているのですが、歯並びを指摘されるのは嫌なので基本的にあまり歯を出して笑わないように意識しています。

また歯磨きに関しては八重歯の周辺などを磨く時には他の箇所よりもしっかりと磨くように心掛けていて、通常よりも時間を掛けて磨くようにしています。

また歯ブラシで磨くだけでなく歯間ブラシなども使っていて、出来る限り歯の汚れが残らないように磨くことを心掛けるようにしています。

口の中をよく噛むことに関してはとりあえず食事の際にはゆっくり噛むように心掛けていて、口を勢いよく動かさないようにしています。

それでもたまに口の中を噛んでしまってはいるのですが、ゆっくりと噛むように心掛けているので勢いよく口の中を噛むことはほとんどなくなりました。

そういったこともあって対策する前と比べると口の中を噛んでも口内炎になりづらくなった感じがするので、一定の効果はあったと感じることができました。

一応色々と対策していることもあって以前ほど不便には感じていませんが、歯並びが気になっているのは間違いないので機会があったら矯正しようか考えています。

【52歳女性】歯茎の痛みと腫れ

52歳の女性です。

今、歯茎の痛みと腫れに悩まされています。

最初は少し血が出てしまったり、腫れがあってもすぐに自然と治っていたので放置していました。大したことがないだろうと思っていたのですが、しばらくしたら慢性的に痛みと腫れを伴うようになって歯磨きをすると必ず出血するようになりました。

さらには数本の歯がグラグラして痛みを感じるまでになりました。ただ、歯医者は嫌いだったのですぐにいきませんでした。

どうしたらこの歯茎の痛みと腫れが改善するかなど思って自分で調べてみました。すると、いろいろと改善する対策方法があることを知りました。

その中から私が実践しているのが丁寧な歯磨きです。歯磨きは毎日しっかりとしているつもりでしたが、実際にはしっかりと磨けていませんでした。

歯だけではなくて歯茎もマッサージするように歯ブラシで磨くようにして最低歯磨きに1回10分ほどはかけるようにしました。さらには抗炎症作用のあるうがい薬がよいというのも目にしたので歯磨き後の仕上げとしてうがい薬も使用するようにしました。

このような対策をしっかりとするようになってからはだいぶ歯茎の痛みと腫れが改善してきました。
赤ら顔を治す方法|赤ら顔化粧水ランキング|悩み体験談